ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

議会閉会
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

3日前ぐらいですが、忘れもしない深夜1時30分過ぎに携帯電話が鳴りました。
地元の支援者の方からでしたが、いきなり
『高木君、結婚したの?』との質問を受けました。
 
今年やっと入籍できた、高木です。
 
こんにちは。
 
地元の方々にはほとんど知って頂いていると思っていたのですが、
深夜の電話での確認!!ビックリしました。
 
さて昨日6月岐阜県定例議会が閉会致しました。
 
今議会では震災支援・対策に約5億3000万円の補正予算
更に17議案可決致しました。
 
私自身も先日書いた通り、一般質問を行い
特に学校での震災対策・震災マニュアルについて質問を行わせて頂きました。
 
各学校では震災マニュアルなるものは作成されているものの、
実情に合った、地域に合ったマニュアルとは言い難い部分があるので、
今回の震災を契機に見直しを行っていくことになりました。
また教諭の指示一つで子供たちの命を左右すると言っても過言ではありません。
今後は校長・教頭を筆頭に教員の防災能力、理解を深めていくと共に、
学校は避難所ともなりえるので、地域との連携を一層深めていくことも答弁して頂きました。
 
とは言っても災害についていろいろと勉強をすればするほど感じることは、
日頃からの地域との繋がり、自主防災能力の向上が結果として生命を守る最良の手段であります。
 
引き続き私自身も皆様方と連携を密にしながら、地域の安心安全を守ってまいります。
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。