ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

現状報告!!
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

最近は自宅で寝ることが少なくなってきた県会議員、高木です。
こんばんは!!
 
書きたいことがたくさんありすぎて、タイトルが決められませんでした。最近の現状を書きます。
 
現在岐阜県議会の議会中でございます。初めての通常議会!市議経験もない私ですので、なかなかリズムをつかむ事が出来ません。委員会、特別委員会、議案精読、更には地元の行事など目まぐるしく、理解できないまま直走っているのですが・・・。
 
決めました!!
 
初の通常議会で一般質問をしてみようと!!

失敗するかもしれません。緊張するかもしれません。質問が的を射ていないかもしれません。しかし早かれ遅かれ1回目はどこかでするわけですから、何でも挑戦し早めに経験させて頂こうと思いました。
 
一般質問って何??
と、思う方もいると思いますが、国会でもよくテレビ中継でされているものです。簡単に言うと、公の場で発言する機会の場であり、議事録にも記録されるものです。いい加減なことは絶対言えない場です。
もちろん岐阜県議会もテレビ中継があるそうです。(岐阜放送)一般質問は6月27日、28日、29日の3日間です。私はどこで発言できるか分かりませんし、テレビ中継中に発言できるとも限りません。
この一般質問を行うために現在執行部や質問する各部署との打ち合わせに追われております。
何を質問するか?
・教育について
・県産品(地産地消)
を考えております。ご期待ください!!
 
 さて次に先日、岐阜県では岐阜県少子化対策基本計画(骨格案)の説明がありました。今後の少子高齢化は本当に深刻な問題であり、早急に取り組むべき政策の一つだと私も思っております。
しかし取り組み方が本当の課題になってきているように思われます。(お断りさせていただきますが、私は結婚もしておりませんし子供もおりませんので、現実を知らないのかもしれません。)
県の計画説明では、
『基本理念「安心して子供を生み育てることができる岐阜県」の実現をめざす。』
政策の3つの柱
・子育てにやさしい社会づくり
・地域で支える子育て
・ともに大事にする仕事と家庭
など、非常に大まかな計画であり、資料に書いてることは・・・。
見た目の良い言葉が並んでいるだけ。
効果についても何も目標を定めていなく、「毎年度、指標のチェックを行い、施策の効果を検証。結果を次年度の取組みに反映。」だけでした。
呆れましたが、更に驚いたことにこの計画になんとH19年度で約84億円の予算がついていることです。
さすがに多くの先生より関係部署に意見が出るのですが、ここである先生が「君たち(県職員)の人件費も入れれば、この計画に約90億円の予算がついているが、こんな机上の空論を議論するためだけにお金を使うなら(こんな資料を作るためだけの職員なら)、このお金を現場(小さい子供の家庭や医療費、学費など)に直接使用したほうが効果があるのではないか」と言ったのです。
私もそう思いました。
県民の大きな不安の一つに経済面の不安とあります。
H17年度の岐阜県の出生数は約17700人。90億円あれば子供一人当たり約50万円交付できるわけですよ。
本当に岐阜県においては急速に少子化が進行しており、かなり深刻です。昭和48年をピークに30年間、出生数、合計特殊出生率ともに低下し、2005年には人口が始めて減少に転じてきております。このままでは2035年には約48万人減少し、65歳以上の人口が33.2%を占める、超少子高齢化社会になります。
子供を生み、育てることに対して結果だけを求めることはできませんが、今回の計画が何を基準にして考えているのか私には見えてきませんでした。
 
最後に昨日(6月22日)はキャンドルナイトの日でしたね!!
私も・・・
その時間にはある総会の懇親会に参加しておりましたので、家に帰ってからキャンドルナイトを実行させていただきました。が、ローソクに火を点けてすぐに寝てしまいまいた!!
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。