ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

平成21年第4回岐阜県定例議会開会
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

さて本日より岐阜県議会が開会いたしました。

まず岐阜県の防災ヘリが9月11日に墜落をし、3名の尊い命が犠牲となりました。
3名の方のご冥福をお祈りし、議会冒頭で黙祷を捧げました。
 
今議会では予算関係3件、条例関係6件、その他の案件14件、さらに平成20年度決算の認定を求める案件4件を審議致します。
 
また知事の発言でもありましたが、国政では昨日新政権が誕生し、基本政策の枠組みや政策決定システムの変更が現実のものとなりつつあります。これにより地方行政においても個別課題はもとより、政策・予算全般にわたり少なからず影響が生じてくるものと認識できます。とりわけ当面懸念されることは、国の経済危機対策補正予算に対する執行停止や組み換えの動向です。
6月の岐阜県議会で承認した補正予算及び今議会の補正予算に基づく事業実施に支障を来たし、結果県民生活及び県経済の多方面にわたり影響が生ずることとなりかねません。
我々県議会としても今後しっかりと国の状況を把握すると共に、連携・協力をして県民生活を守っていきたいと思っております。
  
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。