ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

議会閉会
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

こないだラジオを聴いていたら
 
『恋はするものではなく、落ちるもの』
 
と言っていることに、共感してしまいました。
 
恋ではありませんが毎日何かに落ちている、高木です。
こんにちは。
 
さて議会が閉会いたしました。
一般質問の内容を決めることも含めて、今回はいつも以上に大変慌ただしい毎日でした。
来週からやっと落ち着く予定でいます。
 
今議会の内容ですが、当初は1009億円の補正予算でしたが
追加があり最終的には約1021億円の過去最大の補正予算が通りました。
 
そんな中、今回私自身大きく関わったことが2つあります。
一つは補正予算事業で新たに取り組むことが決定した
『中小零細企業の再生支援』事業、予算額は1000万円です。 
 
覚えている方もいるかもしれませんが、昨年平成20年第5回定例会の一般質問で
中小零細企業に対して言葉は悪いですが『廃業支援』なる『再チャレンジ支援』のご提案をさせていただいておりました。
行政として民間に様々な施策、支援などをしております。私なりに違う観点から廃業したくても出来ない、再チャレンジしたくても出来ない現状をお伝えし、弁護士費用なども行政で支援していくことが、傷口を広げないことでもあり、次に繋げられる近道ではないかと、現場を回れば回るほど強く感じておりました。
 
当時の議会中は執行部との方と何度も議論しましたが、「今すぐ行政として行うことは難しい」、また他の先生方からも行政の範囲を超えているのではないかとも助言していただきました。
なので当時の答弁では『やる』とも『やらない』、『やれない』とは一切言えない状況でした。
しかし今回その意見を通していただけました。
自治体の施策としては全国初めての試みだそうです。
 
もう一つは今年の企画経済委員会で『経済危機対策の効果的な実行を求める意見書』の発案提出者となりました。
経済対策として国からお金はおりてきているものの、市の担当者との話の中でも出てきますが、大変色のついたお金ばかりで・・・。簡単に言えば、こちらの自由に使えないお金なのです。
意見書では、それぞれの地域の実情や創意工夫に応じて弾力的、かつ機動的に使えるお金にしていただきたい、そして基金にしたお金は返還しなくてもいいようにして欲しいとのことです。
 
まだまだ厳しい状況が続いておりますが、少しでも皆様のお役に立てるように精進してまいりました。
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。