ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会 Part3
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

かなり温かくなってまいりました。
 
先日高校生の男女が自転車の2人乗りをしているところを見て、
(本当は駄目なのですが!!)
羨ましく思ってしまった、高木です。
 
おはようございます。
 
自転車の2人乗りは駄目なのですが、本当に羨ましく思いました。
一部の方は知っていますが、実は私小学校を卒業以来、あまり女性と共に過ごすことはありませんでした。
中学校、高校は男子校!
大学時代では生活はサッカー部の男性寮!授業に数人女性もいたのですが、体育学部なので・・・!!当時の私より体格がたくましい女性ばかりで・・・!
その後社会人では1年半は男性寮で過ごすと共に、営業でしたので男性だけ。
そんな私でしたの高校生が青春しているのを見て、羨ましく思ってしまいました。 
 
さてリニアでブログを引っ張っています。
 
全体的に見て、今は『リニアの駅を岐阜県内に』との意向だけが強いように感じます。
場所や費用の問題をどのように解決していくかも今後の課題ですが、
リニアをどうこの地域に活用していくのか、どう地域がまとまっていけるかが急速な課題だと感じています。
 
ただ駅が誘致できれば、地域が発展するとは考えられません。
 
我々の負担だけが増える可能性もあります。
 
2025年には東京―名古屋 間の運行を目処にしているのであれば、
ルートや駅の場所などはこの数年で決定しなければならないでしょう。
その決まった時、すぐにでも地域全体でまとまれる準備、活用できるだけの準備をしていかなければなりません。
 
もちろんそれを率先していくのは行政ですので、我々ですね。
 
何が言いたいのかわからなくなってきましたが、
リニアが地域の夢となるように、準備をしてまいります。
 
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。