ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

県政報告『蒼風』 ご意見!Part1
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

物も思い出も捨てるのが苦手な
貧乏症の高木です。
こんにちは。
 
なかなか捨てられません!
昔の物や思い出など・・・・・・!物に関してはある時期になるといきなり『ドバッ』と捨てる時はあるのですが、思い出は忘れてくれるまで捨てれませんね。
服なんか私はほとんど買わないので、サイズが合えば10年ぐらい前のスーツも着てますよ。
 
さて9月に発行した 高木貴行県政報告『蒼風』に関して、大変多くのご意見をメールや電話、手紙などで頂くことが出来ました。皆さんありがとうございます。
 
項目ごとですが、皆さんにお伝えしていこうと思いますが、
まずは地域医療についてですが、兵庫県丹波市の県立柏原病院については
「住民が大変素晴らしい活動をしている」との意見はありましたが、
ほとんどは県立多治見病院や多治見市民病院についてで、
「県立病院はいつ完成するのか? 多治見市民病院はどこに出来るの?医師や看護師の対応がひどい。 常勤の医師をもっと増やして欲しい。」
などなど、地元病院に対するご意見でした。
 
地域医療に対して、行政サイドとしても今後住民の安心安全を第一に考えていき、満足できるレベルまで持っていかなければならないことは感じています。しかし私が今回この県政報告に良い事例として取上げ、情報を発信した意図は市民、県民が行政と共に力を合わせ良い地域医療を作り上げていくことが大切だと思っていることです。
今回の皆さんのご意見はしっかりと行政に伝えると共に私自身も改善できるように実行していきますが、皆様のご理解があっての地域医療です。
どうかよろしくお願い致します。
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。