ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

教員採用について!
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

親とテレビを見ていて、少しHなシーンが放映されると
場の雰囲気が気まずくなったことがある、高木です。
おはようございます。
 
皆さんそんな経験ないですか?
彼女と2人でなら、少しHなシーンがあってもラブラブできるのですが、
親と見ていて、きわどいシーンが始まると・・・・!
時間が止まるような感覚になります。
私が子供の頃なら、きわどいシーンが始まると
「子供にはまだ早い!」と親にチャンネルを変えられたもんですが、
最近では私の方が気まずくてチャンネルを変えてしまいます。
 
 
さて大分県の教員汚職事件で採用取り消しについて色々と意見が出てきています。
本年度岐阜県の教育警察委員のメンバーとしても真剣に考えていますが、
立場的にも感情的にも意見を白黒ハッキリできないでいます。
 
不正合格が確認された教員21人中、15人がが自主退職し、採用取り消しは6人との事ですが・・・。
不正が行われたことに対しては、しっかりと処罰を行わなければならないと感じている反面、本人がまったく知らないうちに不正が行われていたことや、何故本年度だけの処罰なのかなど、本人たちにとっては納得が出来ないのも理解できます。
これほど大きな問題となっており、多分ですが『昔から行われていた』のではないかと考えると、確かに納得できないでしょう。
また教員の資質についても議論されておりますが、
『教員試験に合格した人』が『教員試験に合格できなかった人』より資質が劣るのでしょうか!?
 
ぎりぎり合格した人とぎりぎり落ちた人?!
 
テレビで出ていましたが、
「不正で合格した先生に教えてもらっている、生徒がかわいそう・・・」
 
あまり書くとしつこくなるので止めますが、
子供が好きで涙を流している先生がかわいそうでもあり、
不正を黙認するわけにもいかない。
しかも今までの人たちには罰則はなし!
 
皆さんはどう考えますか?
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。