ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

総裁選!①
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

将来夢の1つに、『高田純次』のようになることが含まれている、高木です。
こんにちは。
  
最高です!本当に大好きです!憧れています!
常に周りを楽しくさせる、笑顔!
還暦を過ぎても、衰えないバイタリティー!
そして瞬間的に出てくる、しゃべりのボキャブラリーは本当に凄いの一言です。
かなり頭の回転が速いんだと、感心いたします。
私も将来はあのようになりたいと今から努力しております。
 
さて総裁選ですが、『なんでもあり!?』ではなく
『誰でもあり』の状況になってきように感じます。
 
また内閣総理大臣が2代も1年で交代していることを、打ち消すような報道の仕方には少しうんざりしているのも確かです。
国民が今までのことを冷静に判断しず、総裁選に舞い上がってしまっては何も変わらないと思います。
 
今後日本の国はどうなるかを真剣に考える時ではないでしょうか?!
経済政策が全面に打ち出されていますが、
財政再建か財政出動か?
私は財政再建が政策の根底にあり、それこそ予算内での経済政策を実行していくことがベストではないかと考えています。
いわゆる『バラマキ』では今までとまったく同じであり、借金や負債は残るけど、構造が変わらない限りなにも解決にはならないと感じます。
常に不景気で赤字の会社にどんどんお金を投入するようなもので、結局最後に大きな負債だけが残る結果となるだけです。(穴が開いたバケツに水を入れるようなもの)
 
政治家は落ちればただの人であり、選挙に通るための政策になってきています。
 
今後の日本がどうなるべきか、どうしていきたいかをしっかりと伝え、
その意見に対して我々国民がしっかりと判断しなければなりませんね。
 

スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。