ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

ついに髪の毛を切り、
夏バージョンにした、高木です。
こんにちは。
 
こんな感じです!!
俺坊主


あ、
 
写真を間違えました!!
現在は
200805101617000.jpg

本当はこんな感じになりました。
 
さて先週からの日本経済新聞一面の 『都市と地方』 に興味持ちながら読んでいます。
商店街の衰退、人口減少に伴う過疎化、郊外開発の見直しなど
なんとなく知ってはいる、理解はしているけど
これを読み現在の状況を再確認できています。
 
岐阜県も多治見市も商店街の活性化にはまだまだ手探りの状態が続いております。
そんな中さらに追い討ちをかけるように、岐阜県の人口が210万を割り
消費の減速も予測されていきます。
 
再生への道のりで必要なものはなんなのでしょうか?!
「責任明確に」と書いてありますが、私もそう思います。
 
国の政策も同じですが、責任が明確になっていないため
前例がないことはやらないけど、とりあえずやる
任期中は責任取るけど、その後は関係ない状態になり
現在の混迷した政治、返せる当てもない借金になっているのではないでしょうか!
 
更に再生には多くの方の理解、協調性が重要になってきます。
全員が納得できる方法や条件が初めから出てくることは大変難しいですが、
個人の損得ではなく最終的に何を目指しているかによって、
我慢しなければならない時もあるのではないでしょうか。
 
私も現在の立場にならさせていただき、
責任ある行動、
責任ある発言、
責任ある政策、
を実践していきます。

スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。