ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

国民負担について!
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

『世界のナベアツ』に心をがっちり握られている、高木です。
おはようございます。
 
少し前に初めて見たのですが、衝撃的でした。
面白すぎます!!
 
友達に聞くと結構前から流行っていたらしいのですが、私は最近知りました。
「いち、にい、さぁ~~~ん、 し、ご、ろぉ~~く」
すでに本年の忘年会一発芸が決定しまいた・・・・!!
 
 
さて昨日の新聞各紙に
『医師の70% 地方勤務OK』の記事が出ていました。
 
皆さんご存知の通り、勤務医不足、勤務医離れが地方において深刻化しております。
しかし待遇・施設・条件次第では地方勤務もありえるとのことです。 
 
最近、県立多治見病院について多くのご意見をいただいております。
医師不足、看護師不足、患者さんに対しての対応の賛否や施設の整備に関してなど様々です。
 
意見を頂くたびに岐阜県や病院とも話し合うのですが、正直県民の皆様の意見にも共感でき、岐阜県や病院の意見にも納得します。なかなか書きにくいのですが、すべてにおいて100%県民皆様の意見を反映させることは非常に難しいことなんだいということを。
例えば医師不足に対して、多額の待遇や良い条件で医師を確保すればいいのかもしれませんが、そうすることによって財政に大きな負担が掛かり、結果として我々の生活に影響が出てきます。
非常に難しく結論は出ませんが、今後も引き続きしっかりと考えて行かなければならない課題です。
 
医師確保の件に関しては、今後どのような条件だったら岐阜県に来ていただけるのか、しっかりと情報収集し実行していきたいと思います。
 
スポンサーサイト


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。