ご挨拶

高木貴行

Author:高木貴行
『行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。』
「若い目線で、県民にわかりやすく政治・行政で感じた事を率直にお伝えするため」に、県政報告書『蒼風』を定期発行してまいりました。
『夢の描ける岐阜県、心豊かに住みやすい岐阜県。』を目指して今後も活動してまいります。
高木貴行の若さを活かした『情熱』と『行動力』にご期待頂きますようお願い申し上げます。

最近の記事

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

 「情熱」と「行動力」
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。

要望書提出!
人気ブログランキングへ <<ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

出だしが思いつかず、4日間ブログを更新できなかった
高木です。
こんばんは。
 
書きたい内容はいろいろあるのですが、出だしがイメージできなく
書けませんでした!
今回は本当にサボったのではありません。
今回の記事も27日より下書きで保存状態でした。
 

さて先日の11月26日にJR東海のリニア中央新幹線のルート案が東濃圏域を通過することを受け、東濃5市の市長、市議会議長、県議会議員で古田知事に誘致活動の推進を強く要望してまいりました。
 
要望 県知事
写真を見てください。
よくテレビで机に向かい合い座って要望をしている光景を目にしませんか?!

皆さんも新聞などで知っている方も多いと思いますが、JR東海の意向で2025年のリニア運行を目標に民間、行政ともに動きが活発化してきております。
近々には現在の3ルート案をどうするかが焦点となってきますが、そんな中でも各地域では停車駅の誘致に力が注がれています。

 要望書 知事

ルート案の段階で岐阜県内では唯一東濃地域を通過するということです。なんとか岐阜県内にリニアの停車駅を作りたいとの思いから、今までリニアについては結構バラバラに意見を言っていた東濃5市も今回から
『東濃5市であればどの地域でも良い。どこか拠点になることで全体が活性化される。喧嘩やいがみあいではなにも利益は生まない、しっかりと協力をしていこう。』との考えになりまいした。
 
これはあくまで今まで聞いてきた話の中で私個人の意見ですが、もし駅が誘致をできたならばたぶん恵那市か中津川市ではないかと感じています。
 
理由・・・!
 
多治見や土岐では名古屋に近すぎるからです。
リニアは夢の超特急です。
JR特急でも名古屋から多治見まで20分そこそこで着いてしまう距離ですよ?!
そう考えれば必然と東濃地域の東部になるのではないでしょうか。
 
しかし駅誘致については一つ問題があります。
要望の時にも出ましたが、駅の建設費をどうするかが頭の痛いところです。
JR側は線路については負担するが、駅については地域負担との見解を示しています。
ざっくりですがもし駅を建設することになれば、数十億円の負担が発生します。
 
あ、ちなみに線路の7割は地下を通るみたいです。
土地を買収して建設ではなく、ほとんど地下トンネルでの予定です。
 
夢の超特急、まだまだ先の話ですが一歩ずつ進んでいますよ!
スポンサーサイト

▼▼▼▼▼▼▼▼ あなたの読みたいブログが詰まっています。

人気ブログランキングへ

▲▲▲▲▲▲▲▲ 応援よろしくお願いします。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキングへ
▲応援よろしくお願いします

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。